ガラナ・アンタルチカ 350ml缶×6缶

型番 4962410001045
定価 720円(税抜)
販売価格

720円(税抜)

購入数
セット




■ ブラジルNo.1=世界No.1ガラナ飲料
ガラナ・アンタルチカは、アマゾン原産100%のガラナ種子を使用して製品化されたガラナ飲料です。
ガラナ飲料の本家ブラジルで、そもそも1921年に世界ではじめてガラナ種子を使ったソフトドリンクを製造・販売開始されたのがガラナ・アンタルチカです。80年以上を経た現在でも尚、ブラジルにおけるガラナ飲料のトップシェアを維持、国民的飲料として圧倒的な人気を誇っています。




■ アマゾンの秘薬、ガラナ
ガラナは、アマゾン流域の熱帯地方特有の植物で、ブラジル人にとっては自国の特産品として古くから愛用されてきました。滋強飲料として、また、薬用品として、ブラジルで広く認知されているものです。
ガラナは、地球上の植物で最もカフェインの含有率が高いことで知られています。カフェインは、興奮剤、強心剤、利尿剤、強壮剤等として有効に作用し、偏頭痛や神経痛にも鎮痛作用があります。動脈硬化の予防にも効き目があるといわれています。



■ サッカーブラジル代表公式スポンサー
ガラナ・アンタルチカの製造メーカー、アンベブ(Ambev)社は、2001年にブラジルサッカー連盟(CBF)と年間1,000万USドル、18年間という異例の長期スポンサー契約を締結しました。また、ブラジルサッカー界の有名選手とも個人契約を結んでおります。中でも代表的なのが、2012年8月に開催されたロンドンオリンピックで全7試合に出場し4得点をあげて銀メダルに貢献した、ネイマール(Neymar(SANTOS FC))選手、そして“スピードスター”ルーカス(Lucas(FC Sao Paulo))選手。これからのブラジルサッカー界を引っ張っていくであろう2人のヤングスターと5年契約を結んでいます(2011年)。それ以前にも“フェノーメノ(怪物)”ロナウド(Ronaldo)(1994年)、現ブラジル代表監督マノ・メネーゼス(Mano Menezes)(2010年)とも契約しており、特にロナウド選手は現役引退後の現在もガラナ・アンタルチカのアンバサダーとなって広報活動に参加しています。

2014年にはFIFAサッカーワールドカップ(COPA DO MUNDO)がサッカー王国ブラジルで開催され、世界各地域でブラジル行きの切符をかけた予選大会が繰り広げられています。また、2016年8月にはブラジルのリオデジャネイロにて夏季オリンピックが開催されることからも、2011年からの10年はまさに「ブラジルの年」となり注目を集めていくことでしょう。 サッカーブラジル代表公式スポンサー飲料「ガラナ・アンタルチカ」は、ブラジルの国民的飲料として認知されていることから、今後ブラジルを語る上で要注目のアイテムとして日本のお客様への展開を進めて参ります。

≪参考リンク≫
2011年にネイマール選手とルーカス選手がガラナ・アンタルチカの顔となったイベント 
※隣に写っているのは北東部バイーアの人気歌手クラウジア・レイチ(Claudia Leite)。彼女も又、ガラナ・アンタルチカと個人契約を結んでいます。                    
⇒ http://www.flickr.com/photos/ambev/sets/72157627845188267/
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける